セイコー

日本の技術力の結晶

日本の時計を語る上で、はずせないメーカーといえば「セイコー(SEIKO)」です。

世界初の「クオーツウォッチ」を製造したメーカーとして、時計界でも伝説的なメーカーとなっており、

世界の時計の歴史を変えたメーカーといっても過言ではないでしょう。

また、とにかくクオリティが高く何年使っても、何事もなく使用できることから、年配の方まで愛されるメーカーとなっております。その性能の高さは世界中の時計メーカーと比較しても遜色なく、多くの時計ファンからも評価されております。

グランドセイコーとは

最近の「セイコー(SEIKO)」を語る上で忘れてはいけないのがグランドセイコーの存在です。

セイコーがこれまでの技術の結晶を惜しげもなく活用した高級腕時計ブランドで初代モデルは1960年に誕生しております。とにかく、高品質のブランドとして知られており、国内外問わず時計ファンに認められるブランドです。

ブランドコンセプトは「最高の普通」というもので、とにかく普通ながらも、高い技術力を集約させている点、極限までの精度、信頼性と仕上げを追究している点に日本の”匠”を感じさせてくれます。