シチズン

技術の徹底的な追求

国産の時計メーカーで「セイコー(SEIKO)」と人気を二分するメーカーとして「シチズン」があります。

海外からも人気のメーカーで、海外メーカーと比較してもその機能性や技術力はもちろん遜色なく、かつ圧倒的に低価格で購入することが可能です。

これも、一重に日本ならではの企業努力があり、妥協なき商品開発の上に実現したものです。

最近では、セイコー、シチズンの日本ブランドの躍進が顕著となっており、高い技術力と、ものづくりへのこだわりが再評価されているといえます。

妥協なきものづくりの執念

たとえば、高級感のあるデザインと、電波時計の機能を両立させるといった、シンプルながらも難しいものを妥協なく作り上げ、フルメタルケースに入れられる超高感度アンテナを開発するなど、出来そうで出来なかったものをどんどん開発していく姿が”シチズン的”といえるかもしれません。

とにかく実用的なものを求めるのであれば、コストパフォーマンスに優れたブランドといえます。

また、つねに新型モデル、コンセプトウォッチを開発し続けており、時計の技術発展に貢献しているメーカーとして時計ファンに愛されるブランドのひとつとなっております。